3.11
ちょうど2日前の水曜日の午後、オフィスにいると少し強めの地震があり、
隣の同僚と「地震、怖いねー。やっぱりオフィスに運動靴置いて
おかないとだめだねー」と気楽に話していました.

そしてそんな会話もすっかり忘れていたきょうの午後、
遅めのランチを取りながら、じじばばと行くディズニーシーのために
ダンナとメールで日程調整しながら、ネットで予約をしようとしていた
次の瞬間に今まで経験したことのないような長い地震. 
しかもどんどん揺れが大きくなっていく. 27階にあるオフィスが
恐ろしいぐらいに大きく左右にいつまでもいつまでも揺れる. 
隣のラウンジに人が集まり始め、すぐに皆、テレビのニュースをつける. 
震源地は東北方面らしい. かなり大きな地震らしく、すべてのチャンネルが
緊急特番になっている. しかも尋常じゃないほどの大津波警報が画面に鳴り響く. 
しばらくして信じられないぐらいの大きな波が街中に広がる様子をみて、
本当に経験したことのないような恐怖を感じました. その間も
オフィスは船のように左右に大きく揺れ続け、恐怖と緊張と船酔いで
トイレに行って吐かなきゃ、と頭で思いつつ、体が動かず.

すぐに太陽のことが気になったが、電話はなかなかつながらず. 
ダンナとは会社のメールで無事を確認. ダンナがいるビルでは火災警報がなり、
外への避難指示が出た模様. 夕方4時頃にやっと保育園に電話がつながり、
保育園の子供達は全員無事との知らせを受けてほっと一安心. 
でも電車がすべて止まっているから、しばらく待ってから帰宅しようかと思っていたら
阪神淡路大震災を経験した同僚に、「電車は多分きょうは復活しないよ」と言われ、
仕事は家に持ち帰ることにして、急いで近くのビルに勤めるダンナに連絡して
待ち合わせをしてから歩いて帰ることに.

徒歩帰宅は思っていたほど大変ではありませんでした. 東京は交通機関が
止まったものの、電気は着いているし、道路やビルに目だった被害はなく
みな割りとわきあいあいと歩いていた感じ.また、なるべく職場に近い所に
住んでいたのが、今回はほんとうに良かったと思いました. でもこれが東京を
直撃する地震が起こったときは、こんなにスムーズには歩けないでしょう.
考えただけでも恐ろしいです.

結局、自宅近くの保育園まで徒歩で2時間ほどで着き、無事に太陽を確保. 
太陽も経験したことのない揺れでだいぶ怖かったらしく、「地震でゆ~ら
ゆ~らって揺れたの!」としきりに話してきます.
遅くまで太陽を預かってくれた保育士さんたちに感謝.

家に帰ると、低層階だからか、落ちたものもなく、まったく被害はなし. 
ガスが止まっていましたがダンナが直してすぐに復活. しばらくして
双方の家族の無事も全員確認でき、一安心.
友人たちとはフェースブックで連絡が取れたのもうれしかったです. 
太陽を寝かしてから
テレビから流れてくる信じられない映像に、本当にこの日を境に世の中は
だいぶ変わってしまうんだなという思いが自分の中では広がりました.

被災地の一日も早い復興を願うばかりです.
[PR]
by emma328 | 2011-03-11 21:30
<< しながわ水族館 祝!4歳! >>