本日、退院. 国立成育医療センターについて
本日、無事に退院しました. しかしながら、息子の太陽はまだ当分の間
NICUに入院するし、低出生体重児なので退院後もフォローアップ検査などで
長い間この国立成育医療センターにはお世話になることになりそうです.

さて、この国立成育医療センターですが、もともとは以前住んでいた家から
近かったということ、そして設備が整った環境での無痛分娩が可能という点で
非常にとりづらいといわれている分娩予約を紹介状を他のクリニックの先生に
書いてもらい、やっとの思いで予約を取った病院です.

まあ、日本橋まで引っ越してきてしまった今、そしてなによりも緊急帝王切開と
なってしまったので、もともとの選択理由は意味がありませんでしたが、
夜中の緊急帝王切開手術にもかかわらず、産科医、麻酔科医、新生児科医総出
での万全な体制での出産が可能だったことは、昨今の産院不足の現状のなか、
非常に恵まれていたと思うので、ここにしておいて良かったです.

またここは小児科が中心の病院なので病院のあちこちに子供向けの
かわいいオブジェがあり、カラフルで楽しい雰囲気です.
そして医師をはじめ看護師などのスタッフが若くてテキパキしている. みなさん
一番上でも40代、もしくは50代前半までぐらいの先生ばかりで、皆さん「何か
不明なことはありませんか」とこちらの疑問によく答えてくれる誠意が感じられる.

太陽を担当してくれている主治医の先生をはじめ、NICUの先生方もまじめで
話しやすい人ばかりで、不安をたくさんかかえる未熟児ママとしては心強いです.
[PR]
by emma328 | 2007-03-15 01:10 | Taiyo
<< むくみが取れてくる 常位胎盤早期剥離について >>