カテゴリ:Pregnancy( 8 )
早産は損?
なにせ突然の出産となってしまったので、退院後はいろいろな手続きに
追われています. 人生は思うようにいかないものと頭ではわかっていても
いろいろと理不尽なことが勃発していて、納得いかないこともいろいろ・・・
中でも怒り心頭したのが会社の保険組合によって支給される出産に
関連した給付金のこと.

出産すると組合員は2種類の給付金をもらえます。 ひとつは出産育児一時金.
これは出産した本人である被保険者もしくは被保険者の扶養家族が妊娠4ヶ月
以上の分娩につして1児につき35万円もらえるというもの.
もうひとつは出産手当金で、出産した被保険者本人が仕事を休んだ産前42日間と
産後56日分の給料について給料の85%(通常は60%だが、うちの組合は25%の
上乗せがある)が支給されるというもの.

問題はこの出産手当金. 予定日よりも3ヶ月早く、産前休暇を取らないまま
出産となった私はなんと産前42日分についての支給はまったくなし、とのこと.
これって数十万円にはなるんですけどっ! いろいろ調べましたが、やっぱり
早産は出産手当金に関しては損をするみたいです. でもなにが怒り心頭って
予定日より遅れた場合はその遅れた期間も支給するっていうんで、遅れれば
遅れるほど得ということ. なにそれって感じ. せめて公平性(なにが公平なのか
わからないけど)を保つために、産前42日、産後56日間きっちりって決めて
しまえばいいのに.

産後はそのまま産休に入る形となって会社を休んでいますが、結局引き継ぎらしい
引継ぎもできないままだったので産休といっても毎日メールをチェックして、いろいろと
業務整理にも時間を費やしているし、ぜんぜんゆっくりできていません.

そもそも、もうかれこれ1年以上前から増員を会社にお願いしていたのにケチって
なかなか増員しないからこんなあわただしく後任を採用することになって結果
ドタバタすることになったんだと思ってしまう. もっと前に増員していればもっと
じっくり後任も選べたし、しっかり後任を育てて引き継ぐこともできたのに. そしたら
せめてこの突然の出産でもゆっくり産休らしく赤ちゃんだけに集中できたのに.
会社に損害賠償したい気分だ・・・ ブツブツ・・・

そこでまた母の一言:「そんなに怒っていても自分が気分悪いだけでしょ!
なによりもあなたと太陽が助かって良かったって思えばいいじゃない.」

はい、ごもっともです.
[PR]
by emma328 | 2007-03-23 08:19 | Pregnancy
常位胎盤早期剥離について
退院前日のきょう、主治医の先生から今回の私の病状についての詳しい
説明がデータを交えながらありました.

そもそも、常位胎盤早期剥離とは、正常な位置にある胎盤が赤ちゃんが
生まれる前に子宮から突然剥がれてしまう病気で、赤ちゃんへの酸素と
栄養の供給がストップし、赤ちゃんの命を脅かすだけでなく、母体の出血も
止まらなくなり、ときには母体の命をも脅かす大変怖い病気です.
これは多くの場合原因がわからず、予測も不可能で、かつ突然起こる病気
なので産科医がもっとも恐れる病気の一つと言われています.

突然の入院と出産でずっと「なぜ自分にこんなことが起こったのか」とその
答えが知りたくて仕方なかったのですが、私の場合も結論としては「原因不明、
現在の医学でははっきりとした原因はわからない、ただそういう体質」ということしか
いえないようです.

ただ、実際のデータを見せてもらうと正常値から大幅にはずれた異常値が
いくつかあり、特に太陽がいかに危なかったかを示したデータを突きつけられた
ときは本当に背筋が凍る思いでした.
早期剥離による母体死亡率は4~10%、胎児死亡率にいたっては30~50%という
高い数値で、実際にネットで検索すると不幸にも赤ちゃんが亡くなったケースが多く
見受けられ、いかに自分が危機一髪で幸運だったか思い知らされました.
本当にあのとき病院に駆け込んで良かった、NICUが整った病院にかかりつけでいて
良かった、と. そしてなによりも太陽ががんばって生まれてきてくれて本当に
幸せだということ.
[PR]
by emma328 | 2007-03-14 22:17 | Pregnancy
やっと安産祈願
妊娠初期のときは特につわりもひどく、流産などの心配も
尽きなく、日々を指折り数えていたけれど、6ヵ月に入った今
振り返ると早かったなと思ってしまうきょうこの頃. あっという間に
5ヶ月の戌の日も過ぎてしまいました. せっかく安産祈願で有名な
水天宮まで歩いていける距離に引っ越してきたというのに、
結局5月目も体調がずっと悪く、そのままになっていました.
しかし、きょうやっと行くことができました! 
(でも相変わらずまだ時々吐いてます)

でもそこは雨女の私、暖冬の今年だけれど、きょうに限って
小雨で空気が刺すように冷たい. だらだらしていて水天宮に
無事ついたものの、当然祈祷受付の時間は終了していて、
寒くてめんどくさくなったので「祈祷済み」と言われた腹帯を
買って、お参りをして、子宝犬の銅像をナデナデして帰ってきた、
という超テキトーな安産祈願. こんなに気合がなくていいのか?
でもまあ、歩いて来られる距離だから産休に入った暁には
お散歩がてら毎日お参りに来ればいいか、と自分に言い聞かせ.

b0081537_11384713.jpg
みんなが頭をナデナデするので
頭が光ってます.


b0081537_11425749.jpg戌の日にはここに妊婦さんが
行列をつくるらしいです.
(気合の入っていない私は
当然戌の日には行っていません.
ていうか、こんなに寒い日に外で行列を
つくって待つのは妊婦の体には良くない!ハズ)
[PR]
by emma328 | 2007-01-20 20:26 | Pregnancy
2歳児の判定やいかに?
きょうは有給をとって、高校の友人のおうちに遊びに行きました.
場所は練馬の閑静な住宅街にある新しいマンション.

最近胎動をピコピコ感じるようになったものの、またきのうは気持ち
悪くなり、吐いてしまった私. 気分転換に2歳の男の子のいる友人宅に
遊びにきた、というワケです.

よく子供が小さいときはお母さんのお腹の中にいたときのことを覚えていたり、
お母さんが弟や妹を妊娠していることをお母さんが知る前から
わかっていてお母さんに知らせる、などという話を聞いていたので、
友人の2歳の男の子にも聞いてみました.

私: 自分のお腹を指しながら「ここに赤ちゃんがいるのわかる?」
2歳児: 当然のように「うん.」
私: 「男の子か女の子かわかる?」
2歳児: 自信たっぷりに「女の子!」
友人: 「○○くん、ほんとにわかるの? 男の子、女の子どっち?」
2歳児: 「女の子.」

ほほぉぅ~ 2回も「なに当たり前のこと聞いてるの」と言いたげのように「女の子」と
答えたかわいい2歳児くん.

懲りない大人2人は帰り際にももう1回「男の子か女の子かどっちか教えて」と
聞くと、またしても「女の子っ.」と答えてくれました.

果たして2歳児くんのこの性別判定はどう出るのでしょうか.
男の子、女の子どちらでもいい私は、なにげにこのわからない状態が
楽しくなってきました.
[PR]
by emma328 | 2007-01-16 20:46 | Pregnancy
やっぱり、多分・・・
きょうは有給をとって5週間ぶりの検診です.
引っ越したので、今までタクシーですぐだった病院が1時間半の距離に.
さすがに遠い! こんなに遠くて大丈夫なのだろうか・・・

そしてきょうは詳しいエコー検査をする日. 時間をたっぷりかけて
頭の中や内臓などなど、赤ちゃんのすべてを細かくチェックしていきます.
このため、私の通っている病院では胎児の診察券をちゃんとつくります.
この診察券がこの子が生まれた後も使い続けるというワケです.

赤ちゃんは今のところ健康に育っているようで、すべての項目は正常.
そうなると気になるのは性別です・・・ 先生からは特に何も話がないので
思い切って聞くと、「うーん、なんだかよく動いていてね、向きでちょうど
見えない感じなのよ」と少々困り気味. あー赤ちゃんがまだ教えたくないっていう
ことなのかしら、と半ばあきらめたとき、エコーを終了し、超音波写真をプリントアウト
すると先生が「あ、最初の方は動いていなかったからよく映っているのがある」と
見せてくれたのがこちら↓
b0081537_19455119.jpg

おしりをちょうど下から眺めているような角度で、両足の間に立派な
男の子の印らしきものが・・・! 「時々へその緒とまちがえることもあるから確定的では
ないけど、多分ね」とのこと.

いやはや、「多分男の子」と聞いて私は思わず笑ってしまいました. というのも、ダンナの
家族はほんとうに男ばかりの超男系家族. ダンナ自身4人男兄弟、お兄さんたちの
子供も全員男の子. ほんとうに男の子しか生まれていないんです. 
男の子のお母さんかぁ、この私に務まるのかしら・・・ ちょっと不安です(笑)

詳しいエコー検査の後は助産師さんに心音を聞かせてもらいます. ここでも
赤ちゃんはよく動いていたようで、なかなか心音を捉えることができなくて助産師さんも
四苦八苦. 聞こえた、と思ったら突然「ピシュン!」という音とともに「あ、またどっか
行っちゃった」と捜し求めること15分. 元気な赤ちゃんのようで診察は大変だったけど
とてもうれしい診察でした.

こちらは立派な足! 骨までちゃんと見えます.
b0081537_19582971.jpg
[PR]
by emma328 | 2007-01-11 20:00 | Pregnancy
おしゃぶり?
15週目に入った先日、検診に行ってきました.
心配性なので、検診の度にちゃんと赤ちゃんが成長しているかワクワクというよりは
ドキドキの私ですが、今回も「順調です」といううれしい診断でした.

b0081537_10102714.jpg

赤ちゃんの大きさは8cmから9cmぐらい.
なんだかおしゃぶりしているように見えます.

b0081537_10122748.jpg

こちらは正面から. なんか顔のあたりに大きな口がニコニコ
(というよりニヤニヤ?)しているように見えるけど、たぶん違うだろうな.
やっぱり2Dの写真は3Dに比べるとわかりづらいなぁ. 3Dではちゃんと手足も
伸びていて、赤ちゃんらしい形でしたが、2Dで見ると手足が丸くてまるでドラえもん
みたい. これはこれでかわいい.

次の検診は5週間後で今度は割りと細かく超音波のチェックとかするようです。
次は性別がわかるかな~?
[PR]
by emma328 | 2006-12-13 10:16 | Pregnancy
予定が狂いまくり
現在14週目. まだつわりです・・・
いったん、12週目に入ったとき気分が良くなり、
いよいよつわりともおさらばか思ったのもつかの間、
13週目に入って悪化したとしか思えないこの気持ち悪さ.
しかも、私の場合寝つきも悪く、つらいのなんのって.

実はつい先日、会社の同僚も1週間違いでおめでたであることが
わかり、2人でおおはしゃぎ. でも彼女はつわりはまったくなく、
ひたすら眠いとのこと. 私からしたらうらやましい限り.

つわりがひどいのは赤ちゃんが元気な証拠なんてよく言いますが、
厳密にはこれは医学的根拠はまったくないようです. でもそうでも
思ってないとやっていられない!

つわりのせいでいくつの予定が狂ったことか.
まず、先月初めに行くはずだったチームのグローバルミーティング.
これは私が所属しているリサーチ・チームが初の試みとして
世界各国のオフィスのチームメンバーと一同に会すというもの.
普段からメールなどで頻繁にやりとりがあるのですが、やっぱり
実際に会うのは全然違うもの. 幸い私は4年前にアメリカのチーム、
そして昨年はイギリスとドイツのチームに会いに行きましたが、
今回はその他オーストラリアや中東のチーム、そして以前会って
仲良くなった人たちとの再会が待ち遠しかったものです.

お医者さんも旅行は特に問題ないと言ってくれたけど、つわりが
ひどくて旅行どころか会社にもいけない状態になってしまい、
結局キャンセル.

そして先週はビリージョエルのコンサート. 東京ドームだったし、
ダンナと車で行く予定だったので、なんとかなるさと思っていたけど、
直前になって今までで一番ひどい吐き方をして、結局ダンナ一人で
行くはめに. ビリージョエルもかなりと年を取ったし、もう最後の
来日だったんだろうなぁ、なんてむなしく思い・・・

そしてきょうは4月から延期となったU2のコンサート. 
こちらは埼玉アリーナで遠いし、ダンナも急遽出張が決まってしまって、
あえなくキャンセル. チケット、もったいなああい~

でも不思議と赤ちゃんの超音波の写真を見ると瞬時に笑みが
こぼれてしまいます. 問題は私の体が早く妊娠に慣れてつわりが
おさまってくれさえすれば・・・ クリスマスまでにはなんとか復活したいです.
[PR]
by emma328 | 2006-12-03 22:44 | Pregnancy
超音波の記録
胎児ちゃんの超音波の写真です.

b0081537_21285473.jpg7週目.まだピーナツのようです. 12.6mm.
ダンナの感想:「ふーん」


b0081537_2130167.jpg11週目.
写真ではわかりづらいですが、ちゃんと手足が生えてきて、
人間らしくなってきました.
CRL(頭からおしりまでの長さ)は42.6mm.
ダンナの感想:「・・・エイリアンみたい」


b0081537_21305627.jpg12週目.
3Dの写真をもらいました. 
勢い良く動いていたので、ぶれていてよくわかりませんが、
両足はちょこんと揃えていて、右手で目をこすっているようで、
顔は半分しか見えません.
CRL: (確か)50mmちょっと.
ダンナの感想:「・・・ちょっとグロい?」  おいおいっ.



いつも先生に「気持ち小さめ」と言われる胎児ちゃん.
「まったくの正常範囲で順調だから心配ないですよ」とは言われるものの、
やっぱり心配になってしまいます. とにかくこの子がこのまますくすく
大きくなってくれますように. それが私の今の唯一の願いです.
[PR]
by emma328 | 2006-11-20 21:43 | Pregnancy