<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
入院 & 手術
 先週末、初のディズニーランドで大はしゃぎだった太陽ですが、
今週は手術のために入院をしました. 実は1歳前に「停留睾丸」の疑いがあり、
病院で診察してもらった結果、大丈夫とのことでしたが、その後片方のタマタマが
やけにはれていることをダンナが発見. すぐにかかりつけの先生に診てもらったら
ヘルニアの疑いがあるということで、聖路加の小児外科を紹介してもらいました.
聖路加で診てもらった結果、ヘルニアではなく、水がたまっている陰嚢水腫という
診断結果で、そのために移動性睾丸も見られるとのことでした. とりあえず半年ほど
様子を見ていましたが、3歳になったことで水を抜いて、睾丸を固定する手術を
することになったのです.
 手術は全身麻酔なので2泊3日の入院. 聖路加の小児病棟は原則、完全看護という
ことで親の付き添いは不可だけれど個室ならば可能とのこと. 完全看護といえど
看護師さんは忙しく、必要最低限以上のお世話はできないだろうからちょっと
不安で個室を取って私が付き添うことにしました.
b0081537_20383229.jpg初日は入院前検査を
1日がかりで行ったものの、
太陽はとても元気. 
病棟内のプレイルームや
大きな機関車で精力的に
遊びました.

 そしてドキドキの手術当日.手術前は飲食禁止なので「ミズ、ノム~」だの
「タイチャンモゴハン、タベル~」だの騒ぐのを我慢させるのがちょっと大変でした.
そしてお昼前に手術へ. 手術中は廊下の待合室で待機することになっていますが、
結構長かったです. 2時間ぐらいでしょうか? 手術前には1時間ほどの手術と
聞いていたので、やけに長いなと心配でしたが、幸いにも手術は無事に終了.
術後は手に刺さっていた点滴が気に入らず、大泣き、大暴れでとうとう自分で点滴を
むしり取ってしまいました. お医者さんももう取ってもいいとのことだったので、
そのまま点滴をはずし、ママに抱っこされておとなしくなりました.

b0081537_20412043.jpgお部屋から
近くの保育園のこいのぼりを
見ることができました.
「コイノノボリ、オヨイデル~」と
言うものの、麻酔の影響で少し
ぐったりしている様子.

次の日の朝、「たいちゃん、起きた?」と聞くと「オキタァー」と少しご機嫌が
戻ってきた様子. 普段よりはやっぱり元気がないようだけど、もう1人で歩けて
いる様子にびっくり. 午前中にお医者さんの診察も終わり、経過良好とのことで
お昼には退院となりました.
b0081537_20471776.jpg病棟にある
大きな機関車が
気に入った太陽.
「キカンシャサン、バイバイ!」
[PR]
by emma328 | 2010-04-20 16:06 | Taiyo
ディズニーランド2日目
お天気の回復を期待したディズニーランド2日目.
しかし朝食を食べていた7時台はすごい大雨. 気温も上がりはしない. おいおい・・・
じじばばとの集合もこうなったら昼過ぎでいいよ!なんて投げやりになっていたけど
10時過ぎた頃から晴れ間がのぞいてきた、ということで急遽ロビーで前倒しで集合、
チェックアウトを済ませて、荷物を預けたまま再びランドへゴー.

b0081537_042100.jpg前日は悪天候で
その全体像を
見れなかった
ディズニーランドホテル.
なかなか豪華ですてきな
ホテルでした.
結局どんどんお天気は回復して、これなら外の乗り物も乗れる!ということで、
さっそくジャングルクルーズ、リバー鉄道と太陽が好きそうな乗り物へ.
お昼ごはんは特に予約をしていなかったけど、クィーン・オブ・ハートのバンケットホールが
おもしろそうだったので、そこでランチをしました.

b0081537_23545241.jpgここはアリスの
世界に出てくるキャラが
いっぱい!

お昼ごはんの後は、ぶらぶらトゥーンタウンへ行きました.
するとパレードが始まるのか、パラパラと人が集まっていて大きな門が開いたので、
「あそからパレードが始まるのか!」とそこで待つことに.(よく調べていないので、パレードの開始時間やら
どこから始まるのやら、まったくよくわかっていない)
結局、そこはパレードの最終地点だったのですが、ここが結構いいスポットでした.
観客がこちらサイドしかいないので、キャラクター達はみなこちらを向いているし、最後だから
思いっきり手を振ってくれる(ような気がした). ちょうどベンチが1人分空いていたので太陽も
十分な高さからパレードを全部満喫することができました. いや~ディズニーのパレードって
なかなか迫力があっていいですね、マニアが熱狂するのもわかります. (熱狂ファン数人が
パレードの一番最後にくっついて、門に入っていくキャラ達にいつまでも手を振っていました)

b0081537_023475.jpgティンガーベル、
すごい高さのところにいます.
b0081537_021936.jpg最後はやっぱり
ミッキー!

パレード終了後に疲れたじじばばは早々帰宅.
お天気も良くなって暖かくなったから私達はエレクトリカル・パレードまで粘ろうかと考えていた矢先に
太陽はお昼寝. 私達も適当な休憩スポットでお茶を飲んでいくうちに疲労がピークに.
太陽もすっかり熟睡モードだし、このまま帰ろうか、ということでさくさくランドを退散.
そのまま駅に向かい、京葉線に乗ったところで事件発生. まず、太陽が突然がばっ!と起きて
「イマ!」と叫んだこと.(なんのこっちゃ?) そして、次に旦那が「あー!!バッグ!」と叫んだこと.
(何?バッグ?なんのこと?)としばし考え、私も「あー!!!」と遅れて叫ぶはめに.
私達、疲れのあまりホテルにでかい旅行かばんを置いてきてしまったのでした.
結局、太陽も起きたことだし、今回も一番気に入ったミッキーのモノレールに乗せてあげようということで、
ホテルへ逆戻り. 無事に荷物を回収した後は疲れ果てたのでタクシーで家まで帰ることになりました.

学生時代、何回かデートに来たディズニーランド. 結婚後は1回、夜だけパレードを見に来ただけ
だったので、久しぶりのディズニーランドでした. でもやっぱり行くと楽しくてディズニー色に染まりますね.
また近々行きたいです. でも旦那と「ジェットコースター系って太陽が小さいうちは乗れないね、
でも多分太陽が大きくなってもうちらは乗りたいとはもう思わないだろうね~」としみじみ語ったのでした.

b0081537_0311221.jpg記念に、太陽の横顔と
ミッキーの横顔シルエット.
ガイドブックで見て、絶対に
つくりたいと思っていました.
お店の人がものの数分で
しゃしゃしゃーと横顔を見ながら
はさみで紙を切り抜きます.
[PR]
by emma328 | 2010-04-17 23:49 | Everyday Delights
ディズニーランド1日目
きょうから1泊2日で太陽のディズニーランド・デビュー・イベント!
実は3歳の誕生日に初ディズニーと考えていたのですが、太陽の誕生日の3月頭は
まだまだ寒いということで、わざわざ1ヶ月遅らせて計画を立てたものの・・・
自他共に認める「雨女」の私は、今回もその威力を発揮してしまい、見事な雨、さらには
最高気温9度という極寒の最悪なお天気となりました.

良かったのは会社のママ友に勧められてランチ・ディナー共にショーを予約したこと.
寒くておまけに風も強くて、とても並んだり、外の乗り物(太陽が一番乗りたがっていた
リバー鉄道とかバスとか、無理!という感じだった)できなかったので、ショーで
ミッキー達と会えたのは満足でした.

b0081537_23315922.jpgお昼の「リロのルアウ&ファン」のショーにて.
ミッキーからミニー、すべてのキャラクターが
各テーブルを回ってくれます.
太陽もニコニコしていたけど、ママのほうが
大興奮して写真はぶれまくり.
一見ミニーが太陽の頭をヘッドバンギング
しているように見えるけど、実際は頭に
やさしくチューしてくれました.

b0081537_23362989.jpgショーの最後は
キッズがステージに上がって
フラダンスを踊ります. 
太陽はミニーの隣!

アトラクションは「魅惑のチキルーム」のスティッチのショーとスモール・ワールドをなんとか
回り、大人は寒さで口数も少なくなった頃、太陽はウトウトお昼寝.
ここぞとばかりにレストランへ入って温かいお茶を飲みまくりました.
もうこの時点で大人はこのままホテルに退散したかったのですが、ディナーショーを予約していたので
しぶしぶ移動. 時間ぎりぎりに行ったつもりがなかなか中へ入れてくれない! 凍えながらやっとこさ
グーフィーのディナーショーを見ました. 本当はこのショーが行われているレストランを出ると
すぐパレードコースになるので、エレクトリカル・パレードの時間に合わせてディナーを予約したのに
外は極寒・強風の大荒れ天気で当然パレードも中止、ディナー後は皆寒さに耐えながら無言で
足早にディズニーランドホテルへ. (これが結構遠くてつらかった!! ちなみに太陽はベビーカーで
雨よけシールドに守られ1人余裕)

部屋に到着後、疲労困憊のパパ・ママをよそに太陽は広々としたホテルのお部屋で大騒ぎ!
そしてラッキーなことに夜行われた花火を部屋から見ることができました.
ショーでミッキー達と会えたし、最後は花火を暖かいお部屋からゆっくり見られたから、
all and all, not too bad という感じでしょうか.
[PR]
by emma328 | 2010-04-16 23:16 | Everyday Delights
Facebookで再会
 昨年、ふとしたきっかけで登録したFacebook.
すると、ピッツバーグ時代の幼馴染がさっそく見つけてくれて連絡をくれました.
Facebookの良いところはお友達のお友達も見れるところ. おかげで懐かしいお友達数人と
20年以上ぶりに連絡を取ることができました. 8歳から13歳まで過ごしたアメリカのピッツバーグ.
今思うとピッツバーグに滞在したのはたったの5年で、今の自分にとっての5年なんてあっという間だけど
子供のときの5年はすごく長くて、どっぷりアメリカ生活に染まって、その後の私の人生に大きな影響を
与えたと思います.
 日本に帰国してからしばらくは仲の良かった友人数人と文通(当時はメールなんて便利なものは
なかったから、文字通りの文通)をしていたけど、年数が経つにつれ疎遠になり… それがまた20年以上
ぶりにこういう形で再び連絡を取り合うようになるって、なんかうれしいな. 
 でも私の中のみんなの顔は7th gradeのままの記憶なので、年相応になっている今の写真を見て、
すごく年月を感じます! ほんと、年取ったわ~
[PR]
by emma328 | 2010-04-05 22:59 | Family & Friends